見込み客の獲得!メールマーケティングを依頼するならこの企業

TOP > メールマーケティングの豆知識 > メールマーケティングを戦略として取り入れよう

メールマーケティングを戦略として取り入れよう

 地道に足で稼ぐ時代はもう終わったと言っても過言ではありません。この方法のある一定の効果は確かにありますが、今の時代、他により効果的な方法があり、購買側の意識も変化してきています。古い方法に縛られる必要はありません。
 インターネットが復旧し、誰しもがメールを利用する今、これを利用しない手はありません。確実な契約獲得のために、メールマーケティングは大きな戦力になるでしょう。また、メールを利用するという事で、最初にはっきりと言えるメリットは、コストが圧倒的に安くすむという事です。これは多くの企業、個人事業主にとって、最も理解しやすい大きな利点であると言えます。


 メールマーケティングとは、ただ宣伝メールを一斉に送信するだけの単純な方法ではなく、マーケティングに重点を置いたメール送信システムです。
 例えば、メールマガジン等は、一般に広く認知されている物ですが、あくまでも一方的な物です。送信側が、一斉に、一律の内容を対象に送信するのみでは、開封率も悪く、効果は薄いです。
 現代の日本人が一日に受信するメッセージやメールの数は、多い人であれば数十件から数百件にものぼります。当然、重要度の低い物は、開封されずに削除される運命にあります。受け手が読まなければ宣伝の意味はなく、大量のメールマガジン送信は無駄であるどころか、下手をするとユーザーに嫌われて配信停止ボタンを押される危険すらあります。
 メールマーケティングは、まず「ユーザーにメールを開封させる」という事から始まります。ネット経由のサービスは、利用するにあたり会員登録が必要になります。この登録者がメールマーケティングの対象になるわけですが、各ユーザーに対して最適化された内容のメールを送る事ができるのは、非常に効果的です。女性のユーザーに、男性向け商材のメルマガを送信しても、効果は薄いでしょう。
 また、メールを開封する時間を的確に狙う事ができれば、より開封率を上げる事ができます。媒体に関わらず、「宣伝」とは、ユーザーの興味を引く事が重要です。従来のメルマガの様に闇雲にメールを送信するのではなく、タイミングと、相手のライフスタイルに即した内容を提供できれば、契約成立の確率は飛躍的にアップします。


 このメールマーケティングサービスを提供する会社は増加傾向にあり、いざ導入するとなっても、選択に迷うかもしれません。その場合、まずは提供するサービスの内容を確認しましょう。
 最初に見るべきは、効果測定機能が充実しているかどうかです。開封数、URLクリック数、コンバージョン数の各指標を顧客に紐づけて把握することが容易であるかどうかは重要です。導入するシステムは、より簡単に利用できなければなりません。後の運用に大きく影響します。
 次に、利用できるデバイスをチェックしましょう。受信側の使用するデバイスは一律ではありません。スマートフォン、携帯電話、PC、デバイスを問わず配信可能であること、配信先端末の自動判別機能の有無などを確認しましょう。費用も判断基準になります。安易に安すぎるサービスを選ぶと、制約が多く結局初期よりお金がかかってしまったという危険もあります。
 最後に、メールのテンプレートの作成が容易であるかもチェックしましょう。これは作業効率の意味で非常に大切です。せっかく効率的なシステムなのに、実作業に手間がかかるのでは本末転倒です。また、無料体験のサービスを提供しているところも多いので、積極的に活用して、良い所を選ぶのも手段の一つです。

次の記事へ

ページトップへ