見込み客の獲得!メールマーケティングを依頼するならこの企業

TOP > メールマーケティングの豆知識 > 手間とコストをかけずに新規に顧客を獲得

手間とコストをかけずに新規に顧客を獲得

 多くの会社には営業社員がいます。行う仕事としては、顧客に新商品を案内したり、従来の顧客から注文を取ってきた理があります。既にある顧客に対しての売り込みは、安定的な売り上げは見込めます。
 しかし、これまで以上に売上を上げようとするのは難しいかもしれません。営業担当の仕事としては、新規に顧客を獲得することも必要になります。直接会社に売り込みをかける飛び込みと呼ばれる手法、電話でアポを取る手法が良く使われていました。飛び込みや電話は、労力がある割にはあまり効果がありません。人による差もあります。
 新しい営業手法として、メールを使ったマーケティングがあります。こちらのサイトは、メールマーケティングを提供する業者の情報を得ることが出来ます。これらの会社ではどんな方法で見込み客を開拓しているかです。単純なタイプだと、メールアドレスのデータに対して自動的にメールを送付するサービスがあります。メールはダイレクトメールやFAXメールよりも簡単に送ることが出来ます。


 ある会社では、開封率を調べて、開封率の高い顧客によりアプローチをかけるサービスを提供してくれます。メール送信時に開封を舌かどうかがわかる設定をしておきます。後は送付対象ごとに開封率をチェックします。全く開封しない場合は見込みはありません。
 一方、一定量の開封があるときはチャンスがあるかもしれません。魅力的なメールを送信し続けることで、興味を持ってもらえる可能性があります。メールなので、パソコンによる管理が可能です。
 開封以外に、一定のアクションをしてくる顧客をスコア化する仕組みもあります。開封をしただけでなく、実際に資料請求をしてきたり、商品の問い合わせ、ホームページの問い合わせなどをしてくる場合があります。過去のデータから、どんな行動をしてくる顧客が新規に顧客になるかをスコア化しておき、最終的に顧客になりやすいアプローチをします。小さいことを繰り返ししてくる相手が、意外に顧客に近いケースもあります。


 一定の行動が見えた顧客に対して、差をつけた対応をすることで効率的な営業が行えます。少しの反応だとまだまだ見込みが薄いので実際には動きません。
 一方で、確実性が高い反応がある時には即時に行動します。実際に能力のある営業社員を向かわせて対応させることもあります。営業社員が限られているときでも、メールでの反応を元に行動をすれば少ない人員でも対応することが出来ます。絞り込みを行った上で、行動することが出来ます。

次の記事へ

ページトップへ